遠藤照明の強み

開発力LEDの新たな可能性を切り開く

開発スピードと品質でLEDの新たなニーズにも対応

お客様から営業へ、営業から開発へ。市場調査やお客様へのヒアリングから見つかった新たな光のニーズは、正確かつスピーディに伝達され、開発に移されます。
また、より高い設計品質をいち早く実現するために3次元CADによる勘合確認・強度検証から金型設計までを一元化し、新たなLED照明でお客様の期待にお応えします。

テクニカルセンター

独自の光学設計思想により理想の光の追求

コンピューターによるシミュレーション解析や光学設計技術を駆使して、高機能・高品質の製品設計を行っています。
また、独自の光学設計思想に基づく理想の光を追求するため、光学シミュレーションシステムを導入し、各種光学特性を解析しています。

配光制御であらゆる空間に最適な光を実現

必要なところに、必要な光の量を、より少ない電力で照射するために、さまざまな光源の比較検証やLEDレンズの研究開発を行っています。
あらゆる環境を想定し、必要な光の配光制御を追求したLED照明「LEDZ」は、海外からも高い評価を受け、世界各国で高付加価値空間を実現しています。

狭角配光

ナローミドル配光

中角配光

広角配光

超広角配光

技術力製品の性能と品質を支える

目には見えない細部にわたるこだわり

半導体であるLEDは、放熱設計の良し悪しが性能そのものに直接影響します。そのため、照明器具に採用する素材を含め、徹底した熱解析シミュレーションを繰り返し、独自の放熱設計を行っています。
また、消費電力1Wあたりにどれだけの光束(lm)を引き出せるかを表す固有エネルギー消費効率(lm/W)にもこだわり、研究開発に日々取り組んでいます。

イメージ

世界水準の評価と検証を行う光学設計

3Dデータで検証した試作品は、国際的な信頼性を持つ公的機関BSI(英国規格協会)で採用している配光測定器を使って、世界水準の精度で製品評価検証を行います。レンズや反射板の数ミクロン単位の修正を繰り返し、より高機能、高効率な製品に仕上げていきます。
また、実際の照明環境を設定し、輝度の視覚体感、演色性の評価など、多面的な検証も行っています。

イメージ

性能評価試験で安心・安全な製品を供給

世界共通の規格・基準にスムーズに対応できる品質評価システムと設備を導入。電気用品安全法、JIS、(社)日本照明器具工業会規格、海外規格の対応はもとより、これら以上に厳しい部分を要求した社内規格など、充分な信頼性評価を行った製品をお届けしてます。

振動試験

振動試験

製品・部品にさまざまな周波数・波形を与え加速度の振動を加えた、耐地震性能・耐振動性能試験を行なっています。特にランプ、電子部品には、JIS、MIL規格に準じた方法で評価しています。

塩水噴霧/CASS試験

塩水噴霧/CASS試験

塗装面・メッキ加工面に霧状の塩水または、酸性溶液を噴き付け、塗料と金属表面処理の耐食性能を検証しています。

恒温恒湿温度試験室

恒温恒湿温度試験室

公的試験機関でも採用されている露天飽和方式の試験室です。室内・屋外の使用環境を想定して温度試験を行い、製品の耐久性を検証しています。

提案力お客様の想いをカタチに変える

長年にわたりお客様とともに築きあげてきた照明ノウハウが強み

遠藤照明がお届けするのは、照明器具だけではなく、空間にどのような光を施すかという照明提案です。製品の品質や精度はもちろん、創業以来培われてきたこの照明ノウハウによって、数多くの実績と信頼を築きあげ

てきました。これら貴重な経験を活かしながら、より少ないエネルギーでより付加価値の高い空間を創造しています。

LEDの光を体感していただける提案型ショールームを、全国で展開

大阪ショールームや東京ショールームをはじめ、札幌、仙台、名古屋、広島、福岡などに、遠藤照明のLED「LEDZ」が創り出す空間を実際に体感していただけるショールームを開設中。従来光源と比較しながら、照度だけではなく、省エネの視点からもご納得いただける空間づくりをお客様にご提案しています。

イメージ

イメージ

地図

大阪・本社ショールーム

東京ショールーム
撮影

供給力世界中のあらゆるニーズに応える

国内外3拠点でハイクオリティ&ハイコストパフォーマンスを実現

栃木県の佐野工場、アジアの生産拠点に位置づけたタイ工場、欧米マーケットも視野に入れた中国工場の3つの拠点を有効活用したトライアングル体制で、「品質」「価格」「納期」にこだわった製品を供給しています。また、生産から配送までを一括管理し、バリエーション豊富な製品の生産をバックアップする即納体制を構築しています。

佐野工場(栃木県佐野市)

佐野工場(栃木県佐野市)

2010年に設立し、翌年から本格稼動したLシリーズ(蛍光灯対応LED器具)の生産工場です。材料から板金、塗装、組立までの一貫生産を行うことで、材料、仕上がり、品質などの管理ができ、製品の完成度を高めています。

タイ工場

タイ工場

1989年設立。急成長を続けるアジア諸国をも含めたマーケットに、多品種生産体制で、生産高を伸ばし続ける工場です。1,500以上のアイテムを製作しており、あらゆる顧客ニーズに対応できます。

中国工場

中国工場

2003年、世界の照明市場を攻略するうえで欠かせないマーケット、中国と欧米を視野に開設した工場です。大量生産体制で価格競争力を備えています。世界で認められる遠藤照明の品質を、リーズナブルな価格帯で実現しています。世界で活躍する照明デザイナーに支持される、品質、価格ともに理想的な照明器具を製作する拠点です。

迅速かつ柔軟な出荷体制を構築

配送拠点は、滋賀県甲賀市に中央物流センター、栃木県佐野市に佐野物流センターを設置。
両センターと17カ所の営業拠点は発注管理システムにより結ばれ、
全国どこでも原則翌日到着のクイックデリバリーを実現しています。