「オルガテック東京2022 ベストプレゼンテーションAWARD」にノミネートされました

画像

画像

遠藤照明は、4月26日(火)~28日(木)に東京ビッグサイトにて開催された、日本初上陸のドイツ発世界最大のオフィス家具見本市「オルガテック東京2022」に出展しました。

「植物を枯らさない!バイオフィリックデザインの解決策!」と題した遠藤照明ブースは、全体コンセプト、デザイン性、機能性、独自性が高い10社のみに与えられる「ベストプレゼンテーションAWARD」にノミネートされました。

<ブースのご紹介>
○全体コンセプト
「光のうつわ」をイメージしたブースでは、ランダムプリーツを施したファブリックによって「光」と「風」を可視化。
「植物を枯らさない!バイオフィリックデザインの解決策」をご提案しました。

○展示内容
近年注目されている空間デザイン手法 バイオフィリックデザイン。
バイオフィリックデザインに欠かせない植物に必要となる「光」「風」「時」を以下製品で再現することで、屋内でも植物を生き生きと育てる手法をご紹介しました。
 ・光…自然光を再現することができる次世代調光調色シリーズ「Synca(シンカ)」
 ・風…植物の光合成や呼吸を促進する風通しを再現する空気還流システム「fu:ryu:(フーリュー)」
 ・時…朝焼けから青空、夕暮れ、月明りなど、時間に合わせて光を自動的に切り替える無線コントロールシステム「Smart LEDZ Base(スマートレッズベース)」

画像

植物を健全に維持するために、自然光の再現にこだわった「朝のシーン」

画像

植物を健全に維持するために、自然光の再現にこだわった「夕方のシーン」

ブースで展示しました、植物に必要な「光」と「風」をパッケージにした『Synca Green System』の詳細は以下よりご覧ください。

top