「CODO」プロジェクト

  • オフィス
  • Linear series
  • ライン照明
  • 無線調光「Smart LEDZ」
  • 調光調色
  • 高演色
  • 中部

光が変わると、人の気持ちも変わっていく。働き方改革のベースを支える調光調色

所在地: 静岡県静岡市
竣工日: 2019年8月
プロデュース: 株式会社ロフトワーク
設計: 株式会社後藤周平建築設計事務所
施工: 鈴与建設株式会社
電気工事: 篠田電気株式会社
掲載事例集: 2020「デザインベースライト リニア特集号」

午前: 昼光色6000K

午後: 白色4250K

夕方: 電球色2500K

夜:電球色2500K(調光率40%)

講堂だった大空間にさまざまな段差を付け、身体的距離感を創り出している。

段下にはリニア17が設置され、空間の軽やかさを演出している。

南の窓際には Linear32が1列。(全長27m)

1日の電力量・色温度推移

お客様の声

光が変わると、人の気持ちも変わっていく。働き方改革のベースを支える調光調色

「CODO」プロジェクト 経営企画室 広報チーム 武川 弘樹 様
株式会社ロフトワーク Layout Unitプロデューサー 高橋 卓 様
株式会社後藤周平建築設計事務所 一級建築士 後藤 周平 様

静岡県の大手物流会社本社のリニューアルプロジェクト『CODO』。講堂であった呼び方はそのままに、経営理念である「共生(ともいき)」の精神を引き継ぐ、「共に生きるCo-Doing」になぞらえた想いを「CODO」に込めまし た。会社が推進する働き方改革の施策「空間の環境づくり」と「人間の意識づくり」を考慮し、オフィスリニューアルのコンセプトを「HOME GROUND」に設定。すべての社員が最大限のパフォーマンスと誇りをもって、安心して挑戦できる“本拠地”=ホームグラウンドのような存在を目指しました。複数の人による会議や来館者との商談、靴を脱いで個人のペースで仕事に集中できる環境の構築など、ワンスペースで様々なシーンに活用できる空間にプランニング。また、地域の避難拠点としても利用できるよう、一部の床下には備蓄倉庫も設けています。

コミュニケーションが生まれ、仕事の垣根を超える。照明の色、明るさの変化で社員の日常をつなぐ空間へ

従来は吊り天井が張られていたのですが、天井内部が1.5mもあることが分かり、撤去すると天井高5mの大空間が現れました。元々講堂であった広大な空間を仕事、打合せ、食事、イベントとフレキシブルに多様な使い方ができる空間とすることを目的に計画がスタート。社員の憩いの場であり、皆が集まるようなマグネティックな場を目指しました。そのため、照明に関しては設計当初の段階から調光調色を使用することを念頭に計画しました。空間を変えることで人の気持ちも変わっていく。そしてコミュニケーションが生まれ、仕事の垣根を超えた関わりが生まれる、「場が働き方を変える」ことを期待しました。午前はリフレッシュして集中できるように昼光色の6000K、午後はより落ちついて集中できるよう白色の4250K、夕方からはリラックスできる電球色の2500K、そして夜は夕方の40%調光と自動で光を切り替えています。この照明の色や明るさの変化が、人の感じ方が変わること、社員の働く気持ちを変える役割を果たしていると思います。無線調光システム「Smart LEDZ」が便利なのは、設計時に設計者が想定をしていなかった空間の使い方をした時にも対応できるところ。コントローラひとつで操作できるのも使いやすいです。照明器具は構造のグリッドを見せるため、リニアのバリエーションを組み合わせ、四角形に組んで使用しています。シームレスできれいな光を出せるのも良かったです。この場所は、これからもリノベーションをして受け継がれていくと思います。長い目で考えたときにも、照明を取り替えずにその時代の用途に合わせていくことが「調光調色」「Smart LEDZ」ならできると考えています。

主な採用製品

おすすめコンテンツ

施設にあわせた照明の選び方
施設にあわせた照明の選び方

施設にあわせた照明ソリューションやシーンに最適な照明器具をご提案いたします。

ピックアップ製品
ピックアップ製品

新製品や注目の製品の情報をピックアップしてご紹介いたします。

カタログ一覧
カタログ一覧

総合カタログ、テクニカルカタログ、分野別カタログなどを用意しています。

top