ところざわサクラタウン ジャパンパビリオン ホールB

  • 文化施設
  • Linear series
  • 無線調光システム「Smart LEDZ」
  • 調光調色
  • 関東

Smart LEDZで無線制御される光壁の8つのカラーがイベントやシーンに合わせて空間をダイナミックに彩る。

所在地: 埼玉県所沢市
竣工日: 2020年4月
建築主: 株式会社KADOKAWA
設計施工: 鹿島建設株式会社
掲載事例集: 2021「調光調色特集号-魅せる光と彩る光-」

地域色 桜:ところざわサクラタウンをイメージしたカラー

KADOKAWAブルー:コーポレートカラー

基本色 赤

基本色 白色

地域色 緑:東所沢公園をイメージしたカラー

地域色 青:東川をイメージしたカラー

地域色 黄:太陽をイメージしたカラー

地域色 オレンジ:富士山の夕暮れをイメージしたカラー

3階に上がると、窓の冊子に反射した光壁のカラーが、通行人の目に留まり、イベント感の演出にもなっている。

エントランス・通路:ベース照明をランダムに配灯。明るさも確保しながら空間デザインの要素になっている。

所沢市と株式会社KADOKAWAが共同プロジェクトとして取 り組んでいる、文化と自然が共生した、誰もが「住んでみたい」「訪れてみたい」地域づくりを進める「COOL JAPAN FOREST構想」。「ところざわサクラタウン」は、みどり豊かな地から最先端の文化と産業を生み出し、世界に向けて発信する構想の拠点施設である。ミュージアム・イベント・ホテル・レストラン・書店・オフィス・神社あらゆる文化をひとつにした、KADOKAWAによる日本最大級のポップカルチャーの発信拠点として、2020年に竣工した。

■Smart LEDZで無線制御される光壁の8つのカラーがイベントやシーンに合わせて空間をダイナミックに彩る。

コンサートホールをはじめ舞台公演から展示会、地域イベントまで多目的に使用されるジャパンパビリオン。200名収容のDCP対応シアターがあるホールBのダイナミックな光壁に、無線調光システム「Smart LEDZ」を採用している。イベント時、このホールがグッズ販売やパーティなど多目的に使用されることを想定し、光壁の演出をホールの使い方に合わせて選べるよう事前に8つのシーンを設定。タブレットですぐに呼び出すことが可能で、赤・緑・青・白の照明器具の明るさを調整することにより、基本色の赤、白、KADOKAWAのコーポレートカラーや地域色など、8色をイベントや季節のシーンなどに合わせて使用している。無線調光システム「Smart LEDZ」によって、それぞれの照明器具の明るさを1台1台設定することで、イメージしているカラーを忠実に再現することができた。ベース照明には、DUALシリーズのスポットライト29°配光を採用。光だまりができ、均質な光壁とのメリハリを感じる照明計画となっている。横12m、高さ3mの光壁を均一な光で創り出すため、光壁内部の断面計画を細やかに設定。アッパーで照射した光が天井に反射して、上下に光がたまらないよう、白艶消し塗装の反射板を設置し、均一な光を実現した。エントランス・通路の黒いスケルトン天井には、リニア32の本体を黒塗装にしてランダム配灯。ベース照明の明るさも確保しながら、照明全体が空間デザインの要素となっている。

主な採用製品

おすすめコンテンツ

施設にあわせた照明の選び方
施設にあわせた照明の選び方

施設にあわせた照明ソリューションやシーンに最適な照明器具をご提案いたします。

ピックアップ製品
ピックアップ製品

新製品や注目の製品の情報をピックアップしてご紹介いたします。

カタログ一覧
カタログ一覧

総合カタログ、テクニカルカタログ、分野別カタログなどを用意しています。

top