日本科学未来館 コンファレンスルーム 木星

  • 公共施設
  • 文化施設
  • Linear series
  • 次世代調光調色Synca
  • 無線調光システム「Smart LEDZ」
  • 調光調色
  • 高演色
  • 関東

次世代調光調色『Synca』の色温度と季節のカラー変化が、ひとつの空間の可能性を多彩に広げる。

所在地: 東京都江東区
竣工日: 2021年1月
施主: 国立研究開発法人科学技術振興機構
掲載事例集: 2021「Synca特集号」

朝  天井間接照明(色温度4500K/調光率100%)ダウンライト(色温度4500K/調光率100%)

昼  天井間接照明(色温度3500K/調光率100%)ダウンライト(色温度3500K/調光率100%)

夜  天井間接照明(色温度2700K/調光率30%)ダウンライト(色温度3500K/調光率30%)

春  天井間接照明(薄桜11-5/調光率100%)スポットライト(薄桜11-5/調光率100%)ダウンライト(色温度3500K/調光率100%)

夏  天井間接照明(天空11-11/調光率100%)スポットライト(天空11-11/調光率100%)ダウンライト(色温度3500K/調光率100%)

秋  天井間接照明(黄金色1-1/調光率50%)スポットライト(黄金色1-1/調光率100%)ダウンライト(色温度3500K/調光率100%)

冬  天井間接照明(黄昏8-1/調光率10%)スポットライト(黄昏8-1/調光率100%)ダウンライト(色温度3500K/調光率100%)

今年開館20周年を迎える日本科学未来館は、「科学技術を文化として捉え、社会に対する役割と未来の可能性について考え、語り合うための、すべての人々にひらかれた場」を理念に設立された施設である。かつては宇宙飛行士の毛利衛さんも務めた館長に、4月からIBMフェローの浅川智恵子さんを新しく迎え、「科学を伝える」「人材を育てる」「つながりをつくる」の3つをテーマにさまざまな活動を実施。子どもたちを対象としたオープンラボ、大人も参加できるワークショップや イベントなど、より良い未来をつくるための活動を積極的に推進している。また、開かれた施設として、イベントやセミナーなど多様な活用ができるコンファレンスルームの貸出も行っている。

■次世代調光調色『Synca』の色温度と季節のカラー変化が、ひとつの空間の可能性を多彩に広げる。

コンファレンスルームの「木星」に、1台の照明器具で色温度もカラーも変えることができる次世代調 光調色『Synca』を導入。狙いは器具のみを変更することによって、ひとつの空間の利用シーンや使い方を大きく広げること。間接照明は既存の造作を活用しつつ、シームレスな『リニア32』にリプレイス。ダウンライトはリニューアルプレートを活用し、埋込穴サイズφ185からφ100に変更。グレアレスダウンライトを採用することで、より器具の存在感を抑え、光の効果だけを空間に印象づけた。また、様々な方に貸し出す施設であることから、使用側が時間やイベント内容等に応じて、朝・昼・夜の色温度と明るさの変化や、季節のカラー設定による空間演出を好みで選ぶことができる。シーン選択は、専用のタブレット型コントローラもしくは壁付けリモコンで簡単に操作可能。朝は色温度4500K調光率100%、昼は色温度3500K調光率100%、夜は色温度2700K調光率30%に。春は薄桜11-5、夏は天空11-11、秋は黄金色1-1、冬は黄昏8-1にと、空間全体を印象的な光景へと変化させることが可能となった。さらに、無線調光システム『Smart LEDZ』による細かなグループ設定によってルームの一部のみを点灯するなど、分割した利用も簡単に実現。『Synca』によって、空間の活用シーンがさらに多彩に広がるリプレイス例となった。

無線調光システム『Smart LEDZ』による細かな グループ設定により、それぞれの色温度や明るさを 自由自在に設定することが可能。

主な採用製品

おすすめコンテンツ

施設にあわせた照明の選び方
施設にあわせた照明の選び方

施設にあわせた照明ソリューションやシーンに最適な照明器具をご提案いたします。

ピックアップ製品
ピックアップ製品

新製品や注目の製品の情報をピックアップしてご紹介いたします。

カタログ一覧
カタログ一覧

総合カタログ、テクニカルカタログ、分野別カタログなどを用意しています。

top