松本十帖 松本本箱

  • 宿泊施設・住宅
  • 物販店
  • 特注器具
  • 中部

過去と現在の交わりから生まれる新しい物語

所在地: 長野県松本市
竣工日: 2020年6月
施主: 株式会社 自遊人
設計: SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd.
施工: 株式会社アスピア
撮影: Kenta Hasegawa

レセプション兼バー: 障子枠をアップサイクルした行燈照明の光源はリニア32 3000K

1階レストラン:本棚、机、カウンターをミニスポットライトでライティング

松本本箱:書店にリノベーションされた大浴場。 天井はミラー貼り。書棚の面照明はリニア32 4000K

客室:スタンドを活かす最小限のミニスポットライト

グランスイート:波板天井を開口しミニダウンライトを配している

「松本十帖」は、貞享3年(1686年)創業の歴史を持つ老舗旅館「小柳」の再生プロジェクトの総称です。
この場所で様々な物語を感じ、またお越しいただいた方になにかの物語が始まれば、という意味で「10の物語」=「十帖」と名付けられました。

単なるホテル再生プロジェクトではなく「エリアリノベーションのきっかけ」になるよう計画され、敷地内には2つのホテル、ブックストア、ベーカリー、ショップ、レストラン、ハードサイダー醸造所、敷地外に2つのカフェがあります。
その書店やレストランを併設したホテルに「松本本箱」があります。「本の世界に浸かる」をコンセプトにした以前の大浴場を利用したブックバスで、天井はミラー貼り、洗い場は迷路型の本棚にリノベーションされ、バーを兼ねた「松本本箱」のレセプションでは、かつての障子枠で製作した行燈照明が、当時の記憶を語るように温もりある光で出迎えてくれます。

使われなくなったものをアップサイクルという新たな価値を与えるデザインによって、このプロジェクトの本質や再生という視点を感じらえる場にしたいと考えられました。
天井はほぼ表し天井とし、新設レストラン・客室はテーブル、カウンター、本棚だけをミニスポットで照らし、グランスイートは波板天井を開口してミニダウンライトを配したミニマムなライティング。時代感や匂いを消し去るのだけではなく、いかにチャーミングに残し活かすかを考え“過去と現在の対比”が表現されたストイックさも魅力の一つです。

主な採用製品

おすすめコンテンツ

施設にあわせた照明の選び方
施設にあわせた照明の選び方

施設にあわせた照明ソリューションやシーンに最適な照明器具をご提案いたします。

ピックアップ製品
ピックアップ製品

新製品や注目の製品の情報をピックアップしてご紹介いたします。

カタログ一覧
カタログ一覧

総合カタログ、テクニカルカタログ、分野別カタログなどを用意しています。

top