伊藤忠食品株式会社 中京物流センター

  • 生産・物流施設
  • 無線調光(Smart LEDZ)
  • 高天井用
  • 中部

LED照明プラスSmart LEDZで一歩進んだ節電を目指して

所在地: 愛知県小牧市
施主: 伊藤忠食品株式会社
設計・施工: 矢作建設工業株式会社
電気工事: 中央設備エンジニアリング株式会社
掲載事例集: 2016summer「生産・物流施設特集号」

お客様の声

LED照明プラスSmart LEDZで一歩進んだ節電を目指して

伊藤忠食品株式会社 ロジスティクス本部 ロジスティクス統括部 部長 神山浩二 様 経営企画本部 経営企画部 IR 広報・CSR チーム 主任 山口洸輝 様

伊藤忠食品は酒類・食品卸として、全国約4,000社のメーカーと取引し、約1,000社の小売業に、約50万アイテムの商品を毎日届けています。そのため、全国各地に物流センターがあり、各センターの照明は随時、LEDへの切替えを進めています。電気代の節約はもちろん、電球交換にかかる手間やコストも抑えられますし、瞬時に点灯するのでこまめな消灯による節電ができるなど、さまざまなメリットを実感しています。
新設の中京物流センターでは、もう一歩進んだ節電を目指し、まずは、調光が可能なLED照明器具を導入しました。今後は、タブ レットを使って無線で調光できるSmart LEDZが導入できれば、場所別・時間別に照明を制御し、さらなる省エネ・コスト削減、作業の効率化が図れるのでは と期待しています。
物流センター・事務所での節電・省エネは、環境負荷・コスト の低減につながりますので、本業を通じたCSR活動の取り組みとしても重要と考えています。

従業員の働く環境改善にも貢献

中京物流センターでは毎日、加工食品や飲料など約2,000品目を入出庫するため、全商品の賞味期限チェック、一品単位でのピックアップなど、正確で細かい作業が要求されます。それらを担うのはパート従業員の方々です。最初に物流センターの照明をLED照明に切替えたのも、パート従業員の「暗い」という 一言がきっかけでした。LED照明で明るく作業しやすい職場になればパート従業員のモチベーションも高まりますし、今後は、人感センサーで自動的に消灯で きるので「節電」の社内教育に多くの時間を費やさなくて済むと考えています。
LED照明の導入は単なる省エネ・コスト削減だけではなく、従業員の働く環境の改善にもつながっています。

主な採用製品

おすすめコンテンツ

施設にあわせた照明の選び方
施設にあわせた照明の選び方

施設にあわせた照明ソリューションやシーンに最適な照明器具をご提案いたします。

ピックアップ製品
ピックアップ製品

新製品や注目の製品の情報をピックアップしてご紹介いたします。

カタログ一覧
カタログ一覧

総合カタログ、テクニカルカタログ、分野別カタログなどを用意しています。

top